2011年6月28日火曜日

テレビサスペンスドラマであれば、一級品。 「テイキング・ライブス」

映画「テイキング・ライブス」、DVDで鑑賞。

最近のテレビドラマ。特に2時間サスペンスドラマに、物足りないものを感じている人には、お勧めの作品。

キャストも豪華。
アンジェリーナ・ジョリー。イーサン・ホーク。キーファー・サザーランド。
と、多くの人が馴染みのあるキャスティング。申し分ありません。

「他人の人生を生きる」殺人犯。プロファイリングを駆使して、犯人を捕まえようとする優秀な女性FBI特別捜査官というストーリー。「羊たちの沈黙」を彷彿とさせます。

オープニングは秀逸。
殺人犯のなんとも言えない、不気味な雰囲気が伝わってくる、見事なプロローグです。


このレベルで、話が展開してくれれば、どんなに面白かったことか……


設定とか、セリフの端々に見受けられる伏線ぽいものとか、面白くなりそうな材料は、一杯ありました。
ただ、それらが全て中途半端……
美味しそうな食材に、あまり手を加えず作られてしまった料理とでもいえばいいのか。もう少し、作りこみができるんじゃないかと。

ストーリーは、いい意味でも、悪い意味でもわかりやすい。
こちらが裏読みしていると、かなり裏切られますw

時間も103分と、お手軽な長さ。
適当にCMを挟んでいけば、そのまま2時間サスペンスドラマ枠で放送できるはず。

ただ、通常のドラマ枠で放送するにしては、レベルが高すぎますw

映画として、きちんと作っているところもあるし。

映像は、しっかりしています。きちんと映画の撮りかたになっています。
印象的なアングルから展開されるシーンも、いくつかあります。いいですよ。
当たり前ですが、最近のテレビドラマが映画化した時の、テレビドラマのアングルがそのまま映画として出てくるようなことはありません。

犯人の潜伏場所に突入とか、カーアクションなどの見せ場も、ちゃんとあります。

最近のテレビドラマでは、規制されてしまうようなシーンも、逃げずにきちんと映像にしてます。

被害者の遺体とか、遺体の写った現場写真とか、リアルに作って、きちんと見せてくれます。(地上波で放送したこともあったみたいだけど、このあたりどうしたんだろう?)
アンジェリーナ・ジョリーの魅力たっぷりのシーンもあります。

この手間を、もう少しストーリー構成とか、脚本とかにかけて欲しかったと思うくらい、きちんとやっています。


規制だらけでつまらなくなった、テレビドラマに嫌気がさしている人には、絶対お勧めできます。

大人のための、上質で、刺激的な2時間サスペンスドラマです。