2011年7月5日火曜日

主演が木村拓哉で良かったと思う : 映画 「SPACE BATTLESHIP ヤマト」

遅ればせながら、「SPACE BATTLESHIP ヤマト」 をDVDで鑑賞。

良くも悪くも、「キムタク」の映画ですね。やっぱり。

この映画は、これでよかったと思う。
作品には、何かオリジナルな部分が求められる。
「ヤマト」映画の一作品として考えた時、この映画のオリジナルは「キムタク」だもの。


VFXや脚本は、危うかった。
妙に「ヤマト」の雰囲気を出そうとしながらも、ハリウッド映画のVFXやアニメの要素を取り入れようとして、中途半端感が漂ってしまったVFX。
「ヤマト」の話を編集、再構成しているけれど、ポイントの解釈がずれているようにしか思えなかった脚本。

それに負けず劣らじと、「ヤマト」に引っ張られた演技プランになってしまったのが、俳優陣。
特に柳葉敏郎は、アニメの真田さんを意識しすぎ
森雪のキャラを、アニメから変更したのは、正解だった。
「キムタク」映画を存在させるためには、ヒロインはツンデレキャラで無くてはいけない。
配役とキャラの変更によって、与えられた課題をこなしていた。
ただ、黒木メイサが"デレ"を上手く表現できないのが残念だったが。

映画作品としても、「ヤマト」映画としても、目指す方向を失いかけた作品。
これを最後に支えたのが、”「キムタク」の映画”というスタンスで、作品としてのまとまりを作ることができた。
よかった、よかった。

脚本、VFXを変えずに、木村拓哉が出なかった場合を考える。

その時には、主役を織田裕二にすることくらいしか、思いつかない。
”「織田裕二」の映画”という確固たるスタンスができる。
これならば、迷いがない。
多分、柳葉敏郎もオファーを断るだろうし。

木村拓哉も、織田裕二も、俳優として立派な魅力があると思っている。
映画を作るのなら、「キムタク映画」「織田裕二映画」として割り切った上で、全力で作品を作って欲しい
面白い作品ができると思うよ。