2013年5月27日月曜日

DVD「エージェント・マロリー」視聴終了  監督、いい仕事したね


DVD「エージェント・マロリー」視聴終了。




つまらない映画になる一歩手前で踏みとどまって、それなりに破綻なく見ることができる作品になっていた。

後でチェックしたら、監督はスティーブン・ソダーバーグ。「エリン・ブロコビッチ」とか、「オーシャンズ11」シリーズの監督。
なるほど。
こりゃ、監督が丁寧な仕事をしたんだと、納得。

主演は、ジーナ・カラーノ本職は、総合格闘家。その彼女が主役のアクション映画という前提条件。

そこから、いろいろな計算をしたのではなかろうか。

格闘シーンは、当然、総合格闘の技術がメイン
スパイとか、海兵隊出身という設定であっても、流行りの軍隊格闘術という脚色は最低限にする。
ということは、バリエーションは限られるから、あまり格闘シーンも、多くはできない。
もちろん、銃撃戦も最低限のものに。

主人公の心の葛藤を描くという複雑なストーリー展開にしない。
幸いにも、ルックスは悪く無いから、それなりに綺麗に見せるシーンはつくる。でも、演技力はないから、引っ張らない。

ストーリーの構成も、初っ端に得意な総合格闘、決め技は関節技。
スパイ映画らしく、人質救出作戦を展開する。でも、長回しにすると、色々アラが目立つだけだから、カット割りを多くして、上手く編集して、手際の良い作戦のように見せる。
といった感じで、展開していく。
はっきりいって、約90分の尺をよく作れたなぁと感心。それだけ、脚本、カット割り、構成、等々、工夫していた。
だから、ギリギリ最後まで集中して見ることができる。

二流の食材であっても、一流の料理人がつくって、それっぽい料理がでてきた。そんな感じ。



昨日見た、「ボーン・レガシー」は、一流の食材を、二流の料理人が一流の技を見よう見まねで作った料理であったのと、対照的。


でも、素材が素材だから、やっぱり、それなりのB級映画。あまり期待し過ぎると、思い切って肩透かしを喰うので注意が必要。

本当なら、40点なんだけれど、昨日見た「ボーン・レガシー」の逆ハロー効果で、60点かな。