2013年6月25日火曜日

診断をつけるって、慎重にしないといけないはずでは……



何かの事件があった時に、その人なりに憶測するのは止めようがない。
その憶測を自分の周囲の人に話をするのも、自由。咎められるものでもない。
もちろん、それをTwitterやFacebookなどで、自分の意見を表明するのもありだろう。
それが、匿名であるか、実名であるかも些細な問題だと思っている。

ただ、自分もそうだから、医療系アカウント、特に精神科医療系を表明しているアカウントの動向については、思うことがある。
ネットで簡単に知ることができるレベル程度の情報に基づいて、実在の人物に関して、精神疾患の可能性が云々という意見を述べるのは、正直如何なものかと

その見立てや診断が正しい、正しくないという問題ではない。
正しくても、正しくなくても、それでいいのかしらん。



いわゆる、チラシの裏ですな
申し訳ない。