2013年8月26日月曜日

今の治療方針は、何年後まで有効なのか……



このツイートをみて、ふと思ったこと……

経済は常に成長し続けるものだと思っていて、今になって生活設計の変更を迫られている人って、多いはず。
で、精神病院に長期入院になっている患者さんとその家族にも、同じような問題が当てはまるんだよな。

精神病院に15年以上入院しているような患者さん。入院当時は、治療の方法の幅も限定的だったし、大きな医療方針としても囲い込み推奨であったわけだし。
「このままでは、社会に出ていくのは難しいから、ずっとここでみていてあげよう」という治療は、悪いものではなかったところがある。
一方で、その後、大きく変更された医療方針自体は悪いものではないと思っている。
でも、10年以上前の約束を信じて生活を組み立てた家族にとっては、今になって「これは、無茶な住宅ローンの組み方しましたねぇ」と言われる以上のものがあるからなぁ……



Calculator / 401(K) 2013



かたや、治療自体の問題点として、「多剤併用によるマイナス」が取り上げられたりしている。
でも、治療開始時に定型抗精神病薬しかなかった状態で10年以上続いていた治療を変更していくのも、大きなパワーがいるわけだし、変更したから必ず有効であるというわけでもない。

今現在、スタンダードとされる治療のあり方。
これですら、10年後には、どう評価されるものかわからないわけだし……
こちらとしては、まず現時点でベターを目指していくしか無いのかしらん。やれやれ。