2013年9月12日木曜日

チラシの裏: 信心があることは悪くないんだよなぁ

この歳になって、一般的な宗教に頼ってゆく人の心の一端が見えてきたような気がする。
今更感が半端じゃ無いんだけれど。

幼少時の躾として、それなりにまともな(?)宗教の価値観を身につけておくのは、自分の思っていた以上に大切なことに思えてきた。



お坊さんの袈裟が撮れなかった。。。 / masterq


信心に基づく考え方や習慣が身についていない状態で歳をとってから、将来に対する不安や後悔を(無意識に)感じてしまった時に、どうするか。
無理やり帳尻を合わそうとしたら、「信心をこじらす」リスクが高くなりそう。
良い師というか、きちんとした宗派の指導者に出会えれば、別なんだろうけれど。

こう考えていくと、コツコツと何かを積み上げていくスキルって大切なモノだと再認識。
8月末になって、終わりそうにない宿題のヤマを目の前にした子供に対する教育とか、躾っていうのは、案外大切だね。
コツコツ・スキルが必要とされる。その一方で、失敗した時に適度にやってしまった感があるけど、たかが宿題だから、リカバリーは十分効くから。