2013年9月16日月曜日

「統合失調症がやってきた」 ハウス加賀谷 松本キック 著 : 読後の第一印象



統合失調症の体験記としては、素直な内容。一般向けと言う意味でも、良書。




「素直な内容」。これは、当時の出来事や体験したことを、そのまま書いているという意味ではない。
それらを基にして、”伝えたいことが素直に伝わるように書かれている内容”という意味。

予想以上に、編集とか校正とか、手が入っているのではないかと勝手に解釈。
そういった作業がないと、これだけ、創り手の思いや伝えたいことが、理解しやすくならないんじゃないかと思うからなんだけれど……

筆者本人だけでなく、色々な人の関わりが感じられる。そういった意味での良書ですな。


素直に他人に勧められる、良い本だと思います。