2013年9月18日水曜日

「黒い犬」をゆるキャラにしたら


ウィンストン・チャーチルは、双極性障害で、自分のうつ病の症状を「黒い犬」と名付けていた。
病気の症状に限らず、自分の性格の特徴とか気質とか、そういったものを「キャラ化」してしまう
これは、自分の心を上手く扱うの一つのやり方ではないかと、試行錯誤。



slobber dog / Nesster


チャーチルの例で考えてみる。
「黒い犬」をいっそのこと、ゆるキャラ化してしまう。ゆるキャラなので、ちょっとブラックなところがある方が、むしろキャラが立つ。
「きょうのわんこ」ならぬ、「きょうの黒い犬くん」みたいな扱い方を想定してみたり。


Handknit Felted Black Dog / Barking Dog Designs



キャラ化する作業には、ある程度手間をかけて、練り込んでいく。ここが一つの肝。
自分自身を見つめなおして、長い時間お付き合いできるキャラを作る。その方が、上手くいきそうな感じ。
そうでなければ、逆に思いっきり曖昧なキャラにして、長い時間をかけてつくり上げるのもアリかもしれない

自分がお付き合いしていくキャラを作り上げる作業。
具体的な例としては、いつも勉強させてもらっている病理医のヤンデル先生が、自分の使っている「りーちゃん」というキャラクターをぬいぐるみにする時に書いていたイラスト。こんな感じで、キャラを練り上げる。



思考を具現化する能力がある人っていうのは、とてもうらやましい。
自分には絵を描くスキルが無いことが、本当に悔しい。

かたや、時間をかけてつくり上げる例。
市販のぬいぐるみをもらった子供が、まず名前をつけて、話しかけていく。そうやって遊んでいくうちに、いつの間にか、そのぬいぐるみに性格が設定されていて、生き生きとした存在として成熟していく。最後には、ぬいぐるみは、その子供にとっては、唯一無二の存在になっていく。
そんなキャラの成長の育て方もあると思う。

ゆるキャラ化には、もう一つ意図がある。
そのキャラが、”最後にはそれなりに、上手くいく”というストーリーの主人公に、そのキャラがなること。
それを考えると、「重い感じの」キャラではなくて、”ゆるキャラ”という「軽さ」がストーリーを転がしやすい。
そういった物語作りについては、また改めて考えたい。

それだけではなく、自分自身の内面のキャラ化とその扱い方については、もう少し考えていこうと、画策中。

やれやれ。