2013年10月30日水曜日

上手く薬を減らすことができるのには、理由がある

薬は減らせない - 精神科医の本音日記:

'via Blog this'

上のリンク先のブログを読んで、ちょっと考えてみた。

そんなに投薬量が多いつもりもないし、多剤併用の薬物療法の患者さんの減薬をしたがる精神科医のつもり。

でも、このブログ記事に書かれている通り、統合失調症の患者さんに投薬されている向精神薬を減量する時は、慎重にならざるを得ない



Medical Drugs for Pharmacy Health Shop of Medicine / epSos.de


統合失調症の薬物療法。向精神薬の内容を決めていく時には、患者さん自身が自分の病気をどれくらい理解しているか。その理解の程度が、けっこう重要なポイントになる



少なからずいる病名を告知されていないケース。自身の病気(病名)を受け入れができていないケース。こういった場合、どうしても投与量が多くなりがち。
自分自身で症状をコントロールするところを、薬に頼る(?)ことになるから。

例えば、幻聴。
「自分がそう思っていないことでも声として聞こえてくるのが、この病気。だから、そういう時にはゆっくり休もう」と思う患者さん。
「人の声が聞えるのが嫌なので、消えるように薬をください」と言う患者さん。
ザックリとした例え方だけれど、この二人の患者さんでは、薬の量が違ってくるのはわかるよね。

病状を理解した上で、治療の目標をどこに置くか。それによって、薬物療法の内容も変わってくる



Explanation / QuinnDombrowski



理解と目標設定の話し合い。この手順が不十分のまま、向精神薬の投与量だけを考えても、上手くいかないことが多くなると思うんだけどね。