2013年11月29日金曜日

診察を進める上での「両輪」

診察場面で患者さんの反応を見ながら、「間」みたいなものを意識することも多い。
「間」をコントロールするために、沈黙を使うこともあれば、「うーん」、「そうだねぇ……」みたいなつぶやきを使うこともある。あえて、「間」を潰してたたみかけることもある。

「間」の取り方にも、医者それぞれに癖がある。
他の医師の診察を見る機会があれば、そのあたりを意識して観察すると面白い。観察しているだけでも、「間」引き出しは増えてくる。





治療のために、患者さんの10のことを分かってもらう必要があると仮定
1回の面接で10、2回の面接で5ずつ伝えるやり方は、結局、非効率なんだろうなぁと、最近反省している。
1回の面接で1ずつ、時々やり直すから、結局20回くらいの手間(?)をかける。こういうやり方のほうが、お互いのストレスが少ないままで、治療が進むような気がする。


Not Che / Photocapy


治療が始まったばかりの時には、伝えないといけないことが多い。早く治るためには、全部を伝えきってしまおうと、余計に焦ってしまう。必然的に1回の面接で伝える量が多くなってしまう。
それは、濃密な診察と言えばいえるかもしれないが、患者さんの方も処理する量が増えてしまう。結果、混乱してしまうことも多くなるし、場合によっては、理解することを放棄しちゃったりする。

そこで、「1回の診察で、患者さんに渡すおみやげは1つ」という原則が大切になる。
10の伝えることがあるのならば、その中から現時点での最優先事項を1つ決める。その1つを伝えるために、最善の手段を考える。これが基本。
何を最優先事項にするか。それを決めるのがセンスであって、かなり論理的な判断で決めることもできる。

一方で、患者さんや家族の方は、”早く治りたい”という気持ちが強い。だから、多くのことを知りたがってくることも少なくない。
でも、そのペースに巻き込まれると、上手くいかないことが多い。
やるべきことは、そういった相手の焦りのコントロール、つまり「情動をコントロール」することに気を配ることだ。そして、「共感」という媒介が必要。


診察では、治療に対して必要なことを判断、優先順位をつけていくという「論理的な判断」
相手の情動に寄り添う「共感」
この2つのバランスの取り方が大切なんだと思う。



2010 ITEST Advisory Board Meeting / NWABR



終わってみれば、いつもの当たり前のお話。