2014年2月28日金曜日

100%理解されることは、100%無いよね

患者さんやその家族から、以前に受けた治療の話を聞いて、「患者さんへの診断や治療の説明が、きちんと行われていない。そんなことだから、患者さんに対して、的はずれな治療が行われている」って、憤慨する医療者を時々みかける。

気持ちは分かるのだが、そんなに単純に怒ったりしていいものかしらん、という話をします。


Loftで買った文房具 stationary / salchu


診察室で、特に口頭で説明した内容が、患者さんや家族が100%理解したという考え

診察終了後、忘却曲線に従って、その内容が薄れて、印象的なキーワードだけが残って、「都合の良い」解釈がされている可能性

この二つの罠があることは、考えておいたほうがいいんじゃないかしらん。


例えば、
「あの先生、色々と説明してくれたけれど、なんだかたくさんの事を言われたから覚えていないの。でも、テレビで言ってたうつ病みたいな話をしていたから、やっぱりうつ病だと思うの」
そういった会話が、診察の後、会計を待つ間に展開されていても、不思議なことではない。

他にも、
「こういった症状は、抑うつ状態と考えます。今の状況では、うつ病といえるかどうか、他の可能性も含めて、時間をかけて判断します」と説明した直後。
「先生、やっぱり、うつ病なんですね」と返されるのって、別に珍しいことじゃない。
それくらい、一般的に「抑うつ状態=うつ病」というイメージは強い。

こういった状況は、いろんな形で起こっているわけで。


つまり、説明する側、される側の問題ではない普通に起こりえる、不可避な罠というのが存在するんだよね、きっと。



Trapped / fauxto_digit


もちろん、病名告知などの説明をする側としては、内容の精度や伝わりやすさのレベルを上げていく努力は必要。
ただ、情報量を増やしていくのは悪手。
説明を受ける側の心に響くような、病状や治療のエッセンスを端的に現したキャッチフレーズを使うと、場合によっては、ものすごく効果がある。ただし、センスが必要だし、過去に「うつは心の風邪」という例があるように、誤解を生じて、余計に話をややこしくするリスクもある。

説明そのもののシステムを、もう少し工夫する方向性のほうが良いような気がする。

つまるところ、医師の説明が100%理解されて十分に保持される可能性は、100%無いということの再確認だね。
(それと、「後医は、名医」バイアスというのも存在することは、忘れちゃいけない。)

というわけで、「あの医者(医療者)の説明は問題がある」という判断は、後々の事を考えたら、慎重にするほうがベターじゃないかしらん。




というわけで、自分の場合、患者さんや家族から聞く前医からの病状説明については、いわば「話半分」という姿勢で聞くことにしています。
治療的に働いているようであれば、それで良し。自分の見立てと違う場合には、患者さん側の認識と、こちらの方針のすり合わせをする。

前医を非難ることは、殆どしない。相手をかばうという意味でも、自分の優秀さを誇示する意味でもなくて、治療的になることがないから
患者さん側の認識と違っていても、「これが、今後あなたを治療する私が考える方針です。今までのそれとは、違いは出てくることはあります。どうしますか?」という説明。

とりあえずは、この方針で仕事をしながら、考えていくことにします。



いつもの話になりますが、医療者によって、色々な考え方ややり方があると思います。
だから、異論は山のように認めます。
そういった異論が、あちらこちらで情報発信されることを願うばかりです。

やれやれ。