2014年3月20日木曜日

高度に発達した屁理屈は……

SF作家であるアーサー・C・クラーク氏の「クラークの三法則」に 「高度に発達した科学は魔法と区別がつかない(十分に発達した科学技術は魔法と区別がつかない)」 という格言を、ネット上でネタとして時々見かける。

これを真似すると、「高度に発達した屁理屈は、妄想との区別がつかない」ということになるのか。

ただ、これを正しく言えば、「妄想とは、高度に練り上げられた屁理屈である」だね。



Moody Pirate / goodnight_photography



統合失調症の患者さんの妄想は、どうやって生み出されるか?

思考障害も、統合失調症の重要な症状の一つになる。
患者さんは、何かにつけて、自分なりに一生懸命筋道を立てて考える。でも、思考障害という症状のために、「正しい」理屈ではなくて、「ずれたり、飛躍したり、どこかおかしな」屁理屈が積み上がっていくことになる。その結果、「事実とは異なる、おかしな内容」を話してくる。周りの人は、これを「妄想」と判断することになる。

患者さんを治療していくと、この「論理のずれや飛躍」の幅が狭くなっていくように思える時がある。特に、薬物療法が有効な時が多くて、自分なりの治療効果の指標にすることも、しばしば。
この指標は、薬の調節や患者さんの状態を把握するのに、とても役に立つ。

だから、治療の中で、「おかしな話をしている」=「妄想がある」というところで、思考を止めてはいけない。「◯◯という妄想がある」とカルテに書いたところで、満足してはいけない。

その妄想が生み出されるには、「どれくらい思考が障害されているのか」というところまで考えることが重要
その作業で、病状の見立ての精度が上がることになる。そして、結果として、治療の精度が上がることになるはず。
自分は、そう考えている。


Thinking / Creative Ignition