2014年4月30日水曜日

「せーしんかのお医者さんなら、教えてくれるよね」



いわゆるリアルと呼ばれる、実生活での話。

実家に帰ったり、親戚づきあいの場に顔を出したりすると、「この前テレビで◯◯さんが、XXという病気になりましたっていってたけれど、アレ、どうなんだい?」みたいなことを聞かれるのは、既にお約束。
ほとんどの場合、ニヤニヤ笑いながら、「はぁ、どうなんでしょうねぇ」的な対応をすることにしている。

ところが、油断していると、芸能人であればまだしも、「近所の◯◯さん」とか、「オレの職場のxxさん」とかの話題になってくる。

「”ぷしこまさん”は、せーしんかのお医者さんだから、わかるでしょう。まぁ、身内なんだし、どうしたらいいか、それくらい教えてくれるのが当然だよね」
と言わんばかりの態度で、普段こんなことをしているとか、相手の方はあんなことを言っているとか、色々と情報提供すらしてくれる。

それでも、やっぱり、ぷしこまさんは、「ニヤニヤしている」。というか、そうするしかない。


Smile / Alan Cleaver


こんな状況で、「◯◯病みたいだから、受診したほうがいいでしょうね」なんて、ポロッと言ってしまったら、後々どうなるか、わかったものではない。
いや、むしろ、尾ひれの生え方くらいは想像できる。
「オレの親類の、せーしんかの先生に話したら、やっぱりビョーキだから、こうした方がいい。オレだけが言ってるんじゃなくて、お医者さんがそう言ってるんだから間違いない」
それくらいのことは、平気で口にするはず。そう言いたくなるのも、理解はできるけどね。

「ニヤニヤ」したせいで、身内の集まりという、場の雰囲気がよろしくなくなったことも、何回かある。まぁ、そんなことは知ったこっちゃない。
せーしんかの先生は、大抵変わり者だと相場が決まっている

私のリアルな生活の人間関係はさておき、
TwitterやFacebookのようなSNSの場では、医療アカウントに対して、「オレの知っている、えらーい、お医者さん」と思っている人は、予想以上にいるんじゃないかしらん。
だから、特に具体的な診断とか治療については、そういった存在についても意識することが必要じゃないかと、やっぱり思うんだよね。


まぁ、そこまで堅苦しく、考えなくてもいいんじゃないという意見も認める
そこは、まぁ許して欲しい。
あいつはちょっと変わり者だと身内にも思われている、”せーしんかの先生”なもので