2014年5月29日木曜日

「治る」って、どんなことですか?


独居の認知症の患者さん。いろいろな経緯を経て、無事(?)精神科病院に入院してもらう。
家族と面接をすると、「以前のように、一人で生活できるようになってもらわないと困るんです。私達にも生活がありますから。ちゃんと病院で治してください」という要望。
実際は、ここまで極端な言い方をされることは、殆ど無い。
でも、「家族の話している内容を要約すると、こうなっちゃう」というパターンは、少なからずある。


「治る」という言葉を「病気の前の状態にもどること」という意味に解釈して、本人やら家族やらが、将来の生活方針を考えていった場合、後々手詰まりになりやすい。
ましてや、「病気の人を『治った状態』にもっていくことが、治療です。医者や病院の役割は、治療をすることですよね」という考え方を、治療を受ける側が持っていると、手詰まり確定になりやすい。
いや、治療をする側にも同じことが言えるわけで……



Aunt, Mom and Us at Nursing Home / ConnieFoggles


「『治る』って、どんなことですか?」

どこかで、こういった問いかけをして、考えなおしてみた方がいいような気がする。

統合失調症、認知症、うつ病、双極性障害……等々、精神疾患にも、様々なものがある。
症状の改善のありかた、寛解や治癒したという状態の認定など、疾患それぞれで違ってくるはず。
それなのに、単に「治る」という言葉でゴールを考えることで生まれる問題もあるはず

精神疾患に関する言葉の変更。大切なことという理解もしている。
それならば、「治る」という言葉も考えなおしてみてもいいんじゃないだろうか。


Random House English-Japanese Dictionary / torisan3500