2014年8月21日木曜日

氷水をかぶる人とかぶらない人と

難病であるALS(筋萎縮性側索硬化症)への活動を寄付を募るために、最近よく見かけるようになったのが、Ice Bucket Challengeという活動。

海外のセレブなどが参加して、動画をアップしている。
以下のリンクは、NAVERまとめのリンク先。有名人の動画がまとめられている。
ALS Ice Bucket Challenge


最近は日本の有名人の参加動画がアップされている。

その流れの中で、武井荘さんが、こんなツイートをしている。 


それに対するヤンデル先生のツイートが、以下の通り。




武井壮さんのツイート、ヤンデル先生の見解に、ものすごく納得。

こういった企画は、まずは世間の人に対してアクションを仕掛けることが第一の目的。
より効率的に行うのなら、海外でのセレブ、日本でのタレント・芸能人が実行するのが一番。

じゃあ、セレブでもなく、知名度もない自分のような人間は、「こういったアクションに対して、どうすれば良いのか」ということを考えないとね
そして、できたら、考えた結果に基づいて、些細な事でも行動する。
そういうことじゃないかしらん。

安易にイベントを批判しちゃうと、大元の大切な問題まで批判することになりかねないから、注意が必要なんだよね。
きっと。


ということで、このイベントから、ふと気になってALS関係のネット上の記事をググって、面白かったのが、こちら。


地球で生きる宇宙飛行士――『宇宙兄弟』はなぜALSを描いたのか? 川口有美子×佐渡島庸平


漫画「宇宙兄弟」を知っていれば、より考えさせられる。
そうでなくても、ALSの患者さんについて、少し角度の違った視点で考えることができるようになる、非常に面白い内容でした。

よろしければ、ぜひ一読を。


追記

武井壮さんは、色々なことが「わかっている」人だなぁという印象です。
自分は、この動画がお気に入りの一つです。