2014年9月26日金曜日

限界の設定


治療における「限界設定」

治療者が必要以上に消耗していかないため。
患者側が、治療に対して幻想を抱き続けたり、誇大化し続けないようにしたりするため。
そういった目的で運用するのが、「限界設定」だという感覚でいる。
治療を拒否するという限られた一面だけ取り上げられることも多いんだけどね。


Stop Sign / Rubber Dragon


「釣り上げた魚に餌はやらない」とはいうが、釣り上げる前と釣り上げてからは、関係性が違ったものになる。そうなると「餌の与え方・与えられ方」も変わってくるはず。

ところが、関係性の変化や、関係性自体を認識していないと、「私が欲しかった餌」だけが、どんどんと幻想化していく。場合によっては、「欲しかった餌」だけではなく、「上手く釣れるような餌の与え方」までもが、幻想化していく

そして、現実が現象に侵食されていく。最終的には、どちらかの現実が破綻したところで、関係性が終焉してしまう。

こういった結末にならないためには、「ここまでは、現実の話」、「ここから先は、幻想の世界」という境界線を提示しないといけない。
それが、「限界の設定」
境界線の設定は重要。現実だけでも、幻想だけでも、生きていくには辛すぎる場合の話だから。


photo-20140726-3 / umezy12

治療の話だけではなくて、こういった「釣られた魚」と「釣ってあげる人」との関係は色々なところにあるんだろうね。
実際は。